部位によってしわ取りの方法は違う!

しわの種類を見極めよう

目尻は、乾燥しやすく細かいしわができやすいものです。それから、眉間や額に口元などには笑ったり険しい表情をする時にできるしわがあります。他にも、ほうれい線に現れやすい皮膚のたるみなどからできる真皮じわと呼ばれるものがあるのです。しわ取りの方法は、これらの部位にあわせて変えることが大切ですから、大きく分けて3つの種類を見極めましょう。

適切なお手入れがしわ取りのコツ

しわ取りのコツは、部位に適した方法で行うことです。目尻は乾燥しやすいので、保湿が重要になります。また、眉間や口元などは肌内部の水分量が保持されていれば表情時のしわが元に戻りやすくなるものです。ほうれい線の場合は、老化に伴う皮膚のたるみが考えられるため顔の筋肉やコラーゲン不足を補いしわ取りをすると良いです。

部位によってしわ取りの方法は違う!

【部位別のしわ取り方法】首元

年齢を重ねると、コラーゲンをはじめ若い時よりも様々な成分が減少してきます。それを補うためには、内側と外側からのケアが重要です。首元のしわは、ある程度は仕方が無いものですが紫外線の影響は大きいので、注意しましょう。
部位によってしわ取りの方法は違う!

【部位別のしわ取り方法】おでこ

おでこには前頭筋という筋肉があり、加齢だけでなく様々な理由で弛んできます。それが、おでこにしわができる理由です。前頭筋は目の周辺や眉毛の筋肉を繋がっているため、疲れ目と密接な関係にあります。特に前頭筋に力が入ってしまって、しわが刻み込まれるきっかけになります。
部位によってしわ取りの方法は違う!

【部位別のしわ取り方法】目元

顔の中でも目元は特に皮膚が薄いということもあり、乾燥による小じわができやすいと言われています。乾燥によるしわの場合は、しっかりと保湿ケアを行うことがしわ取りにつながります。保湿ケアでのしわ取りを行う場合は、目元専用のアイクリームを使うのがおすすめです。
部位によってしわ取りの方法は違う!

【部位別のしわ取り方法】口元

口元は年齢が出やすい部分であるため、見た目年齢を下げるためにもしわ取りは積極的に行うべきです。方法は様々ですので、自分の肌の状態や悩みやライフスタイルに合わせてベストなものを選ぶべきです。
タイトルとURLをコピーしました